福祉教育


福祉教育とは

 福祉教育は、本来、児童・生徒が社会福祉への理解と関心を高め、思いやりとやさしさを養い社会福祉奉仕の実践力を身につける大切な機会です。学校・社会福祉協議会・地域がつながる福祉教育の展開を目指し、地域福祉の担い手を育む教育を推進しています。

福祉協力校登録の加入促進

 市内の小・中学校及び高等学校の児童・生徒に社会福祉への理解と関心を高め、思いやりとやさしさを養い社会福祉奉仕の実践力を身につけることを目的に福祉協力校への登録を推進しています。

 福祉協力校の登録期間は、当該年度として福祉協力校の福祉教育に関するニーズに合わせて、次のコーディネート業務を実施しています。

  1. 福祉教育の相談・計画・連絡調整
  2. ボランティア活動の情報提供
  3. ボランティア活動の参加支援
  4. 各種体験教室、講座の開催
  5. 社会福祉関係機関・他団体との交流の協力

福祉協力校への支援

福祉体験学習の実施

 年齢、性別、個人の能力差、国籍など、さまざまな特性や違いを超えて、すべての人に配慮したまちづくり、ものづくりなどを行う考え方を学ぶユニバーサルデザイン学習を軸に、各種体験学習を実施します。 ※一般の方々(企業等)にもご利用いただけます。

福祉体験学習メニュー(PDFファイル1,091KB)

福祉体験学習講師派遣依頼兼物品借用書

 


シャンプーとリンスの違い等

車椅子介助体験

視覚障害者介助体験
fukushi-taiken
高齢者擬似体験(シニア体験)

障がい者の理解

視覚障がい者体験教室

 目の不自由な方々が普段どのように生活しているのかを学んだ後、視覚障がい者の方々と交流し、視覚障がい者の方々への理解を深めます。

手話体験教室

 耳の聞こえない方々とのコミュニケーション手法を学び、聴覚障がい者の方々への理解を深めます。

福祉教育事業への助成事業

 福祉協力校に対し、当該年度の予算額の範囲内で福祉教育に要する費用(講演会、交流会、訪問活動、各種体験学習等)の一部を助成しています。

【要綱】福祉協力福祉教育推進事業実施要綱(PDFファイル141KB)

【別表】福祉協力校福祉教育推進事業への助成対象費用について(PDFファイル 132KB)

【様式第4号】福祉協力校福祉教育助成金申請書(Word45KB)

【記入例(様式第4号)】福祉協力校福祉教育助成金申請書(PDFファイル128KB)

【様式第5号】事業計画書(Word19KB)

【記入例(様式第5号)】事業計画書(PDFファイル119KB)

【様式第7号】福祉協力校福祉教育助成事業報告書(Word17KB)

【様式第8号】事業報告内訳書(Word17KB)

【様式第9号】旅費交通費使用報告書(Wordファイル 19KB)

『夏休みちょこっと福祉体験』は中止します

 例年、夏休み期間を利用して、小学4年生から高校3年生を対象に実施していました「夏休みちょこっと福祉体験」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止とすることを決定いたしましたので、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

 参加を楽しみにされていた児童、生徒の皆様、また、ご協力をいただいておりました関係団体の皆様におかれましては、来年度以降の開催をどうぞ楽しみにお待ちください。
 
 福祉教育の啓発として、動画投稿サイトYouTubeにて「伊勢社協げんここチャンネル」を開設し、動画「おうちdeふくしなんでも学習」の配信を開始しました。本ホームページからもご覧いただけますので、ぜひご活用ください。
YouTube更新しました