伊勢市くらし応援サービス従事者養成研修(伊勢市認定ヘルパー養成研修)


伊勢市くらし応援サービス従事者養成研修受講生募集(※伊勢市認定ヘルパー養成研修)

伊勢市社会福祉協議会は、伊勢市の委託を受けて「伊勢市くらし応援サービス従事者養成研修」を開催します。
この研修は、4日間の研修と2日間の実習を修了することで要支援者等に必要な家事を提供する「伊勢市くらし応援サービス」のヘルパーとして伊勢市内で働くことができるものです。
就職・転職・ダブルワークなどを希望する方に有利な資格です。

伊勢市くらし応援サービス従事者養成研修概要
日時 講義:令和4年10月28日(金)~11月18日(金)の毎週金曜日の4日間
実習:2日間(受講開始後、11~12月頃で、個々に日程調整いたします。)
※詳しくは研修会カリキュラムをご覧ください。
会場 講義:伊勢市ハートプラザみその 2階 保健会議室(伊勢市御薗町長屋2767
実習:伊勢市内
対象 ・介護福祉士、介護職員初任者研修、生活援助従事者研修修了の資格を有しない方
・全日程に参加できる方
定員 30名(応募者多数の場合は抽選となります)
受講料 無料
ただし、テキスト代として2,750円(税込)が必要です。
研修初日に受付でお支払いください。
申込方法 このページの「申込書・チラシ」にある「くらし応援サービス従事者養成研修会受講申込書」を伊勢市社会福祉協議会 本所へご提出ください。
窓口への持参、FAX、郵送、または申込書のExcelファイルを添付した電子メールで受付けております。
窓口への持参の場合、月~金の8:30~17:15の時間帯でお願いします。
電子メールでお申し込みの場合は件名を「くらし応援サービス研修申し込み」としてください。
Excelファイルの編集・添付が難しい場合、メール本文へ直接 1.氏名 2.氏名ふりがな 3.住所 4.生年月日 5.電話番号 6.携帯電話番号 を記載いただき、送信していただいてもかまいません。
なお、FAX及び電子メールでのお申し込みの場合には、回線状況などにより届かない場合もありますので、お申し込み後に電話等で申込書の到達確認をお願いします。
申込期限 令和4年9月22日(木)17:00必着
9月30日を目途に「受講決定通知書」を発送いたします。
申込先 伊勢市社会福祉協議会 本所 総務経営企画課 介護サービス係
〒516-0804 伊勢市御薗町長屋2767
TEL:0596-20-8610   FAX:0596-20-8617
電子メール:iseshakyo-honsyo@mie.email.ne.jp
注意事項 ・昼食は各自でご用意ください。会場内での飲食は可能ですが、ゴミはお持ち帰りください。
・体調不良等により、やむを得ず研修会を休まれる場合には、事務局までご連絡ください。
・ヘルパー同行実習及び通所介護等見学実習の日程については、研修会初日のオリエンテーションで案内させていただきます。
・新型コロナウイルスの感染拡大状況により、急遽中止または延期となる場合があります。ご了承ください。
その他 本研修を修了された方は「認知症サポーター養成講座」の修了も認められ、認知症サポーターキャラバンのオレンジリングが交付されます。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

伊勢市くらし応援サービス従事者養成研修(伊勢市認定ヘルパー養成研修)カリキュラム

日程 時間 講義 内容
10

28

(金)
9:45 ~ 10:00 オリエンテーション
10:00 ~ 12:00 老人保健福祉・介護保険制度
12:00 ~ 13:30 昼休み
13:00 ~ 16:00 医学の基礎知識
11

4

(金)
9:00 ~ 12:00 サービス提供の基本的な考え方
12:00 ~ 13:00 昼休み
13:00 ~ 16:00 訪問介護について
11

11

(金)
9:00 ~ 12:00 介護技術Ⅰ
12:00 ~ 13:00 昼休み
13:00 ~ 16:00 介護技術Ⅱ
11

18

(金)
9:00 ~ 11:00 認知症について
11:00 ~ 12:00 高齢者の権利
12:00 ~ 13:00 昼休み
13:00 ~ 16:00 演習:基本的な対応、コミュニケーション
16:00 ~ 16:30 修了式

※上記日程とは別に4時間のヘルパー同行実習、3時間の通所介護等見学実習があります。
  11~12月頃で個々に日程調整させていただきます。
  詳しくは研修初日のオリエンテーションでご案内いたします。

申込書・チラシ

伊勢市くらし応援サービス従事者養成研修の受講生を募集します。

チラシ 表(PDF:1MB)
チラシ 裏(PDF:390KB)
申込書(Excel:14KB)

PDFファイルは、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアを使って見ることができます。
Excelファイル(xlsファイル)は、Microsoft社のExcelなどのソフトウェアを使って入力(編集)ができます。